株式会社 千乃

皮内針の有効性

お問い合わせはこちら インターネット予約

皮内針の有効性

皮内針の有効性

2024/06/26

 置きはり(皮内針)は、体の特定の部位に鍼を刺すことで様々な健康問題の改善を目指す治療法です。東洋医学の一部として古くから用いられており、現代でも広く実践されています。

 

置きはりでは、非常に細い鍼を使用し皮膚内0.3~1.5ミリメトルの短い針をテープで止めて3~4日留置します。これらの鍼は体の特定のポイント(経穴またはツボ)に刺されます。

 

置きはりで使用されるツボは、経絡と呼ばれるエネルギーの通り道に沿っています。経絡は体全体に広がっており、これらの経絡を刺激することで気(エネルギー)の流れを調整します。

 

治療の目的としてはエネルギーのバランスを取り戻し、体の自己治癒力を高めることです。特定の症状や病気に対する治療だけでなく、全体的な健康の維持・増進も目指します。

 

鍼の取り外しは時間が経過した後、鍼を取り外します。鍼の刺入と取り外しは無菌的に行われます。

 

皮内針の効果と適用例

 

痛みの緩和作用

腰痛、膝の痛み、肩こり、頭痛、関節痛などの慢性的な痛みを軽減する効果があります。

 

ストレスと不安の軽減

副交感神経を刺激し、リラックス効果をもたらします。

 

睡眠の改善

神経系の調整により、より深い睡眠を促進します。

 

消化機能の向上

消化器系のトラブルの改善に役立ちます。

 

免疫機能の強化

免疫システムを強化し、風邪やインフルエンザの予防、アレルギー症状の緩和に寄与します。

 

女性の健康

月経不順や更年期障害、妊娠中の不調などに対する効果が期待されます。

 

安全性と注意点

置きはりは一般的に安全な治療法ですが、鍼を取り扱う際には清潔を保つことが重要です。経験豊富な専門家による施術が推奨されます。

特定の健康状態や持病がある場合は、事前に医師と相談することが重要です。

置きはりは多くの健康問題に対して有効な治療法であり、全体的な健康の維持・増進に役立ちます。

 

研究と証拠

鍼治療の有効性については、多くの科学的研究が行われています。一部の研究ではプラセボ効果との区別が難しいとされていますが、多くのメタ分析やランダム化比較試験において、鍼治療の有効性が確認されています。

 

注意点

置きはりは一般的に安全な治療法とされていますが、鍼の取り扱いには注意が必要です。経験豊富な専門家による施術が推奨されます。

置きはりは、痛みの緩和やストレスの軽減、消化機能の向上など、さまざまな健康上の問題に対して有効であるとされています。ただし、個々の症状や体質によって効果は異なるため、専門家のアドバイスを受けながら適切に利用することが大切です。

 

どのような健康問題に対して置きはりを検討されていますか?具体的な症状やご相談があれば、新中野國安鍼灸整骨院までお問い合わせください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。