株式会社 千乃

ファシアスリックテクニックの効果と適応症

お問い合わせはこちら インターネット予約

ファシアスリックテクニックの効果と適応症

ファシアスリックテクニックの効果と適応症

2024/06/26

 ファシアスリックテクニック(Fascial Slings Technique)は、ファシア(筋膜)に対して特定の治療手法を用いることで、筋膜の滑走性や柔軟性を向上させ、体の動きを改善することを目的としています。このテクニックは、物理療法士や手技療法士などの専門家によって使用され、以下のような効果や目的があります。以前はグラストンテクニックと呼ばれていた治療です。

 

効果

筋膜の柔軟性向上: 筋膜が硬くなると、筋肉や関節の動きが制限されることがあります。ファシアスリックテクニックは筋膜を柔軟にし、動きをスムーズにします。

痛みの軽減: 筋膜の緊張や硬直が原因で生じる痛みを和らげる効果があります。特に慢性的な痛みや筋肉の張りに対して有効です。

 

血流とリンパの流れ改善/筋膜の解放により、血液やリンパ液の流れが改善され、老廃物の排出が促進されます。

 

筋肉のパフォーマンス向上/ 筋膜が解放されることで、筋肉がより効率的に働き、運動パフォーマンスが向上します。

 

姿勢改善/筋膜のバランスを整えることで、姿勢が改善され、体全体のバランスが向上します。

 

使用目的

リハビリテーション: 怪我や手術後の回復過程で、筋膜の柔軟性を取り戻すために使用されます。

スポーツパフォーマンスの向上: アスリートやスポーツ愛好者が、筋膜の健康を維持し、運動能力を最大限に引き出すために利用します。

 

慢性痛の管理

長期間続く腰痛、首の痛み、肩こりなどの慢性的な痛みの管理に効果的です。

 

日常の健康維持

日常生活での疲労やストレスを軽減し、全体的な健康状態を向上させるために使われます。

 

体の動きの改善

筋膜の滑走性を向上させることで、日常生活での動きを楽にし、怪我のリスクを減らします。

 

適応疾患と症状

 

筋・筋膜性疼痛症候群

筋膜の緊張やトリガーポイントが原因で生じる痛み。特に慢性的な筋肉のこりや痛みを伴う場合に効果的です。

 

腰痛

筋膜の硬直が原因で生じる腰痛。特に慢性的な腰痛や筋・筋膜性腰痛に適応されます。

 

頸部痛

首の筋膜が緊張している場合に効果的です。慢性的な首の痛みやコリを和らげます。

 

肩こり

肩周辺の筋膜の緊張が原因で生じる痛みやこりに対して使用されます。

 

膝痛

膝の筋膜が硬くなることで生じる痛みや動きの制限を改善します。

 

テニス肘

肘の周囲の筋膜が緊張している場合に効果的です。

 

足底筋膜炎

 足底筋膜の炎症や硬直による痛みを軽減します。

 

手根管症候群

手首周辺の筋膜の緊張を解消し、手根管内の圧迫を軽減します。

 

坐骨神経痛

坐骨神経の周囲の筋膜が緊張している場合に使用されます。

 

筋緊張性頭痛

頭部や首の筋膜の緊張を解放することで、頭痛を軽減します。

 

線維筋痛症

全身の筋膜の緊張を緩和し、痛みやこりを軽減します。

 

スポーツによる怪我

筋膜の硬直や緊張を解放することで、スポーツによる怪我の回復を促進します。

まとめ

 

ファシアスリックテクニックは、筋膜の緊張や硬直が関与するさまざまな疾患や症状に対して効果的です。適応疾患は多岐にわたりますが、特に慢性的な痛みや筋肉のこり、スポーツによる怪我の回復に対して有効です。

 

 新中野國安鍼灸整骨院ではこの手法を取り入れて10数年になり、多くの症例を有しアスリートのサポートをしています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。