東京都中野区 東京メトロ丸の内線「新中野駅」徒歩6分。鍼灸・接骨・各種電気治療・交通事故・労災指定院

國安鍼灸整骨院

健康知識INDEX

足関節捻挫の治療

ディカルうちだ院長 内田輝和
2011年9月7日号 No.247 抗重力療法13

スポーツ障害では足関節の内反捻挫が起こりやすい
スポーツ障害による捻挫で一番多いのが足関節捻挫である。腓骨と脛骨は強靭な脛腓靭帯結節で連結しており、日常生活動作だけでは捻挫は起こりにくいが、バレーボールなどの跳躍や走りからの転倒などによって足関節が過度に内反する動きが伴った場合、内反捻挫が起こりやすくなる。関節は適度な遊びがあるため、無理に生じた外力で関節包や靭帯の軟部組織が損傷するのである。ここでは外反捻挫については省略し、スポーツ障害でよく見られる足関節の内反捻挫の治療に絞って述べる。

 

足関節捻挫のチェック
(1)術者の母指、示指を使って左右の足関節の周囲差を把握する。把握することによって関節の開離具合を見ていく。左右の足関節を比較することで過去に捻挫をしたことがあるかの状態がみえてくる。腓骨・脛骨がきちっと正しい位置で絞まっていないと足関節の絞まり具合が良くないといえる。

 

(2)足首を内反させて外踝周辺の窪みの左右差を比べてみる。。捻挫が起こっている場合は凹みの段差がなく、足首を回してみると可動性が少ないのがわかる。

 

(3)腹臥位になってベッドと足関節の指床間距離及び弾力性を見る。弾力性を見る。見る方法は踵を把握し、床に向かって軽く押圧してみる。弾力性がない状態は抵抗感がある。抵抗感がなくなるほど回復の過程の目安とする。 ④背臥位で自然に足を伸ばした状態を観察すると弱い状態の足の方が外側に傾きやすい。これは膝や腰にも負担がかかっていることを現している。

 

足関節捻挫の治療

 

(1)捻挫を起こすと脛骨・腓骨の位置が微妙にずれるため、腓骨筋にストレスがかかる。この筋の過緊張を緩めることが必要となる。脛骨・腓骨の位置を正すため腓骨筋を起始部から懸鐘穴に向けてほぐしていく(図5)。

 

(2)次に足関節を正しい状態へと調整していく。懸鐘穴と足首を片手ずつそれぞれ把握した状態で持って懸鐘穴を外側にひねり、足関節を内側にひねっていく。同時に逆ひねりをした状態で10秒間固定する(図6)。

 

(3)次にそれぞれの親指を太衝穴と足臨泣穴にあてがい、把握し足首を立てるようにしながらツボを足関節の方向へ押圧していく(図7)。その時に両母指を少しずつ前方へ動かしていく。

 

(4)片手で踵を支えて手前に引きよせながらアキレス腱を伸ばす、もう片方の手で足の甲を握って足関節を立てるように足の甲を膝蓋骨方向に向け10秒間固定する(図8)。

 

(5)次いで腹臥位を取らせ、伸縮の動きが充分でないアキレス腱に弾力をつけていく目的でアキレス腱の両側から両母指で少し圧をかけながら痛くない程度にアキレス腱を下方に引きよせることで弾力をつけていく(図9)。

 

(6)次に腫れていた外顆部の腫れを吸収さす目的で、背臥位になり懸鐘穴と窪みの外顆部分を持って懸鐘穴を外側にひねり、同時に窪みの部分を内側にひねり10秒固定する(図10)。これを2~3回繰り返す。

 

(7)以上全ての動作を3回繰り返し施術を終了する。

 

災害時に鍼灸は何ができるのか

「災害と鍼灸」シンポジウム開催される

「災害と鍼灸」をテーマにした「災害と鍼灸」シンポジウム(社団法人全日本鍼灸学会共催社会鍼灸学研究会)が8月20日、東京都江東区の東京有明医療大学HANADA HALLで開催された。6題の発表や指定発言などが行われた。

 

「産婦人科疾患」と鍼灸治療

国立大学法人筑波技術大学保健科学部 教授/鍼灸師 形井秀一

(1)はじめに
東洋医学(漢方、鍼灸、あん摩など)が中国から日本に伝わったのは6 世紀。日本最古の医書である『医心方』(984 年・丹波康頼 編纂)にも産科領域の詳しい記述がある通り、日本では古くから産婦人科領域の東洋医学が存在していました。
戦後においては、婦人科領域(月経不順や月経困難症、不妊、更年期障害など)と産科領域(つわり、逆子、妊娠腰痛、むくみ、陣痛促進など)の各症状に対しても鍼灸治療が行われてきましたが、鍼灸治療を受ける患者の60~80%が、肩こり、五十肩、腰痛、膝痛などの運動器系疾患であり、産婦人科領域の疾患に対する鍼灸治療効果が忘れられつつあるようにも感じます。
しかしながら近年では、産婦人科領域における鍼灸治療の基礎的な研究も増えています産婦人科領域の疾患に鍼灸が有効である理由として、鍼灸刺激が女性ホルモンの分泌に影響を与えたり、自律神経を介した効果を発現していることが少しずつ明らかにされつつありますが、明確な結論はこれからの研究に委ねられます。
今回は、産婦人科領域の東洋医学的な考え方と鍼灸治療の研究成果から、産婦人科疾患への鍼灸治療についてご紹介します。

 

(2)7歳ごとに身体が変化!?東洋医学からみた女性の身体
中国最古の医書とされる『黄帝内経素問』上古天真論篇第一に、人間の肉体の変化についての記述があり、女性は7歳ごとに身体が変化すると考えられています。
7歳・・腎気 ※1 が盛んになり、歯が生え替わり、髪が長くなる。
14歳・・天癸 ※2 が生成されると、任脈 ※3 が通じて太衝脈 ※4 が盛んになり、月経が始まる。
子どもをつくる体になる。
21歳・・腎気が安定して全身に行き渡り、歯が生えそろい、身体の成長は頂点に達する。
28歳・・筋骨は充実し、毛髪は最も豊かで長く、身体も成熟した時期を迎える。
35歳・・陽明経脈 ※5 の機能がやや衰弱し、顔のやつれ、脱毛などが始まる。
42歳・・三陽経脈 ※6 の機能が衰え始め、特に身体上部のやつれ、白髪が出はじめる。
49歳・・腎気が衰えて天癸がつき、閉経。子どもをつくることができなくなる。
このように、東洋医学においては人間の成長・発育を腎気の盛衰の過程と捉えており、女性に関しては、月経や閉経などの産婦人科の諸現象は、腎の機能の変化の結果とされています。また腎気の力が十分でない「腎虚(じんきょ)」の状態が、様々な疾患の発症に関わるとしています。
※1 じんき:人間が生まれながらに持っている成長する力や生殖能力、生命力のこと。
※2 てんき:性腺刺激ホルモン、性ホルモンのようなもの。
※3 にんみゃく:奇経八脈の一つ。身体の前面の中心を通っている。
※4 たいしょうみゃく:腎経脈と奇経八脈の一つの衝脈の両方を指す。主に下肢内側から体幹を通る脈。
※5 ようめいけいみゃく:手の人差し指から上肢外側、頚部、鼻にいたる手の大腸経脈と、顔面、前頚部、胸腹部、下肢前外側面を通り、足の第2指にいたる足の胃経脈の両方をいう。
※6 さんようけいみゃく:手の三陽経脈(大腸経脈、三焦経脈、小腸経脈)と足の三陽経脈(胃経脈、胆経脈、膀胱経脈)のすべてを意味する。すべての経脈が顔面部にいっており、三陽経脈の機能の衰えは、顔面全体の衰えや身体の陽(主に背側)の部分が衰えてくることを意味する。

 

Topic3
(3)症状別にみる、鍼灸治療
産婦人科における各疾患の東洋医学的考え方と、鍼灸治療の研究成果の例を取り上げ、簡単に説明しましょう。
(1)不妊症
不妊は「腎虚」「肝鬱」「痰湿」「?血」が原因だと考えられています。「腎虚」は先ほど触れた「腎気」が十分でない状態、「肝鬱」はイライラやストレスがたまっている状態、「痰湿」は肥満体質で脂肪や水分が子宮をはじめ身体に滞り、任脈や衝脈の気血の巡りが低下した状態、「?血」は血の流れが滞っている状態です。
1975~97 年の23年間に、不妊症に対する鍼灸治療が164例報告され、そのうち妊娠したのは77例(46.9%)でした。妊娠率だけで見ると非常に高い、というわけではありませんが、これまで婦人科などに通院しても効果がなかった方々ですので、鍼灸治療を試みる意義はあると考えられます。

 

(2)冷え症
冷え症は、虚血のために手足に熱が伝わりにくくなった状態が原因だと考えられています。
また、「寒湿」(寒気や湿気)など、気候や生活環境などの外部要因が影響することがあり、これらは身体の下部から身体の中に進入するため、冷え症の人は下肢を冷やさないように心がけることが大事です。
現代では冷え症は、自律神経機能の失調や心因がその病態の本体と考えられています。近
年の研究には、足底中央と下腿後側中央の温度を57例で比較した、松本勅(明治国際医療大学教授)らによるサーモグラフィ検査の報告があります。全体の27例の冷え症者中、23例(85.2%)の足低温は1℃以上低温でしたが、鍼治療を行ったところ10例(43.5%)で改善が見られたと報告しています。
冷え症は、産婦人科領域の多くの疾患を治りづらくする要因の一つとも言われていますが、鍼灸治療により改善が見られますので、試みられるとよい症候の一つと言えるでしょう。

 

(3)逆子
東洋医学では逆子(骨盤位)のことを「胎位不正」といい、?血や、冷え症、ストレス、疲労、暴飲暴食などが原因と考えられています。
1950年に石野信安(産婦人科医)が初めて報告して以降、50年間の逆子の鍼灸治療に関する報告をまとめると、妊娠27週から33週までに初診で受診した場合は、70~90%が正常に戻ったという結果がでています。2002年にはイタリア人のカルディニ(産婦人科医)が「灸をした群はしない群に比べ、有意に正常に戻る率が高い」と報告しています。
逆子は帝王切開する場合が増えてきていますが、32~33週までに鍼灸治療を開始すると高い率で改善されることを知って頂きたいと思います。

 

(4)妊娠中の腰痛
妊婦の2人に1人の割合で、腰痛が見られるという報告があります。月経時や産後の腰痛と同じように、妊娠中の腰痛の原因も腎虚、寒湿、あるいは?血だと東洋医学では考えられています。一般的な腰痛に鍼灸治療が有効であることはよく知られていることですが、妊娠による腰痛にも有効であることはあまり知られていません。

 

4
私たちが、腰痛を訴えた妊婦55例(平均年齢30.3±3.9歳)に対して鍼灸治療を行ったところ、「著効」「有効」「やや有効」を合わせて49例(89.0%)とよい結果を得ることができました。

 

(4)おわりに
東洋医学の歴史を振り返ると、運動器系疾患以上に内科系疾患が治療対象であり、中でも産婦人科領域の多くの疾患が治療対象とされてきました。
現代では産婦人科領域での鍼灸治療は一般的にあまり知られていませんが、鍼灸治療効果のメカニズムを検討する上での研究も進んでおり、今後が注目されます。また、あらゆる面でナチュラル志向が好まれる傾向の中で、特に女性の身体が本来持っている力を引き出す大事な分野として鍼灸治療がクローズアップされるものと思います。

 

≪参考≫
『ライフサイクルに応じた女性のヘルスケアレディース鍼灸』編著:矢野忠/医歯薬出版2006年
『イラストと写真で学ぶ 逆子の鍼灸治療』編著:形井秀一/医歯薬出版2009年
『産婦人科領域の鍼灸治療』著者:形井秀一/桜雲会出版部2010年

 

家庭で簡単ツボ療法

2011年7月 國安鍼灸整骨院 講演

◇ツボ療法って?
ツボ療法とは、手や指を使って体表にあるツボを圧迫する手技です。その効果は病気の予防や治療をはじめ、手で直接相手に触れることによるエネルギー(気)の交流から心身のリラックスやストレス解消にも及びます。

 

◇疲れ目に対するツボ療法
ヒトの情報入手において80%以上は視覚によると言われます。ITの普及により目の不調を訴える方も増えています。特に端末を長時間凝視し続けることで起こるドライアイは放っておくと角膜が傷付くなど深刻な状態にもなりかねません。また、頭痛や肩こりなどを伴うことも多いのです。1時間程度作業を続けたら休憩を設けて、ツボ療法で疲れた目をいたわりましょう。

 

ツボを押すときは気持ちの良い程度の力を3~5秒間持続し、3~5回繰り返し行ってください。なお、熱や血圧が高いときは行わないでください。症状が長びくときは専門医を受診してください。

 

◇ツボの場所と押し方
(1)攅竹(さんちく):眉毛の内端部。
(2)瞳子(どうしりょう):目尻の約1㎝外側のくぼんでいるところ。
(3)睛明(せいめい):目頭と鼻のつけ根との間のくぼんでいるところ。
→(1)~(3)は両手の人差し指の腹で左右同時に押します。
(4)合谷(ごうこく):手の甲側で、親指と人差し指の付け根の間。
→手のひら側に人差し指と中指を添え、親指の腹で手を挟むようにして押します。

 

◇疲れ目による肩こりなどに効くツボ
(1)天柱(てんちゅう):後頚部の髪の生え際上で、縦に走る太い筋肉の外側のくぼみ。→頭の後ろに手を回し、親指の腹で押します。
(2)肩井(けんせい):首の付け根と肩先との中間。→反対側の肩の上に指を並べ、中指の腹で押します。

 

天柱の押し方肩井の押し方◇疲れ目の予防
目を酷使した日はホットパックがおすすめです。タオルをお湯に浸して固く絞ったり、濡らしたタオルをビニール袋に入れて電子レンジで温めたりして蒸しタオルを作ります。そのタオルをしばらく目に当てておくと、血液やリンパの流れがよくなり、疲労が回復して目がスッキリします。また、目だけでなく、顔全体を暖めても効果的です

 

「がんばれ」ほどほどに 日本うつ病学会提言

2011年7月2日

東日本大震災の被災者に「がんばれ」と言い過ぎないで――。日本うつ病学会の委員会(河西千秋委員長)が1日、被災者を支援する人たちや報道機関などに向けた緊急提言をまとめ、大阪市で始まった総会で発表した。

 

提言は、「がんばれ」、「強く」、「絶対」といった励ましが、被災者には時につらく、「これ以上どうがんばればいいのか」と感じることもあると知ってほしい、とした。被災者にも、悲しいことや困ったことを相談するのをためらわないよう呼びかけた。

 

学会によると、心の傷の多くは時間の経過とともに軽くなるが、2割くらいが悪化したり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったりする。震災から約4カ月たつこの時期、繰り返し励まされたり、過激な報道があったりすると、当時を思い出して重症化する恐れがあるという

 

日本鍼灸に関する東京宣言2011採択

2011鍼灸学術大会in東京開催される

「新たなる医療へ―心と身体をみつめる日本鍼灸の叡智―」をテーマにした2011鍼灸学術大会 in 東京(社団法人全日本鍼灸学会第60回学術大会共催日本伝統鍼灸学会第39回学術大会)が6月19日、東京都江東区の東京有明医療大学で開催され、注目の「日本鍼灸に関する東京宣言2011-21世紀における日本及び世界のより良い医療に貢献するために―」が採択された。大会では、「東京宣言」採択に向けたシンポジウムや会頭講演、特別講演などが行われた。

 

まず開会式の直後に行われたシンポジウム趣旨説明では、東郷俊宏氏(東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科准教授)が登壇。「鍼灸領域における国内外の標準化の現況―国民への説明責任をはたすために―」と題して、WHOやISOといった国際機関における鍼灸を巡る動きについて概観し、それら国際的な動きと直結する国内的な問題にも言及した。

 

シンポジウム(1)「心と身体をみつめる日本鍼灸の叡智」では、山口智氏(埼玉医科大学東洋医学センター講師)と坂本歩氏(学校法人呉竹学園理事長)の司会のもと、篠原昭二(明治国際医療大学伝統鍼灸学教室教授)、福田文彦(明治国際医療大学臨床鍼灸学教室准教授)、小川卓良(東京衛生学園専門学校臨床教育専攻科講師)、山下仁(森ノ宮医療大学大学院保健医療学研究科教授)の4氏がシンポジストを務めた。

 

このシンポジウムは「東京宣言」採択に向けて企画されたもので、(1)日本鍼灸の歴史(2)現状分析(3)将来と課題の3つのテーマについて展開。(1)日本鍼灸の歴史については、篠原氏が「戦後の日本鍼灸の特質(戦後の歴史と教育、制度)」と題して、戦後の日本鍼灸の歩みを振り返った。(2)現状分析については、福田氏が研究面から、小川氏が臨床面から、それぞれ日本鍼灸の特質を分析した。(3)将来と課題については、山下氏が(1)日本鍼灸の歴史と(2)現状分析を踏まえて、研究面、臨床面、教育面の課題などについて解説した。

 

シンポジウム(2)のテーマは「「治未病」の過去・現在・そしてこれから」。石原克己(東明堂石原鍼灸院院長)の司会のもと、浦山久嗣(赤門鍼灸柔整専門学校東洋療法教育専攻科専任教員)、戸ヶ崎正男(蓬治療所所長)、鳥谷部創治(港町診療所附属鍼灸院院長)の3氏がシンポジストを務めた。

 

会頭講演では、2011鍼灸学術大会in東京の会頭を務めた久光正氏(昭和大学医学部第一生理学教室主任教授)が登壇。「日本の伝統医学を世界に発信しよう」をテーマに講演した。

 

特別講演のテーマは「日本鍼灸に関する東京宣言―21世紀における日本および世界のよりよい医療に貢献するために―」。演者の矢野忠氏(明治国際医療大学健康・予防鍼灸学教室教授)は日本鍼灸の歴史的な展開を江戸期までと明治以降とに分けて俯瞰し、日本鍼灸の特質を探るとともに現代の日本の鍼灸を形作ってきた教育制度、研究の系譜についても併せて見つめ直し、その特性と問題点を探った。また、これらの知見を踏まえてこれから日本の鍼灸が進むべき方向と将来の形を展望するなどして、東京宣言を起草するうえで、その基盤となる視点と概要について発表を行った。

 

そして大会の最後を締めくくるメインイベント「日本鍼灸に関する東京宣言採択」では、まず形井秀一氏(日本伝統鍼灸学会会長)が登壇。東京宣言の目的および対象について触れ、「本宣言は日本鍼灸の歴史的変遷を踏まえ、その独自性について現状分析するとともに、鍼灸が健康に寄与する医学、医療として、発展することを期して策定されたものである」とし、「本宣言は日本及び諸外国の政府、鍼灸の関連学術団体、関連業団体をはじめ、全ての人々に向けて発せられる」と述べた。さらに、延べ7回開催された起草委員会の活動内容についても説明し、そのあと宣言文を読み上げる後藤修司氏(社団法人全日本鍼灸学会会長)へバトンタッチ。後藤氏は6項目からなる次の宣言文を読み上げた。

 

(1) 鍼灸に関する最新の知見を医学界及び国民に向けて広く発信し、鍼灸への正しい理解と適正な医学的評価を得ることに努める。

 

(2) 鍼灸の臨床効果を立証するために相応しい研究デザインを確立し、世界の鍼灸臨床の有効性と安全性に関する研究の発展のために貢献する。

 

(3)日本の伝統医学である鍼灸を医療システムにおいて適切に位置づけることに努める。

 

(4) 鍼灸は日本の貴重な文化的遺産の一つであることの理解を深め、さらにその普及に努める。

 

(5) 日本鍼灸と世界各国の鍼灸との交流を推進し、各国鍼灸に対する相互理解を深め、その特色を尊重し、世界における鍼灸の多様性の維持・継承と発展に努める。

 

(6) 心と身体をトータルにみつめる鍼灸医療を通して、これまで以上に人々の健康保持増進、疾病予防及び治療に寄与することに努める。

 

なお、「日本鍼灸に関する東京宣言2011-21世紀における日本及び世界のより良い医療に貢献するために―」の詳しい内容については、全日本鍼灸学会のホームページに掲載されている。

 

◎全日本鍼灸学会のHP≫≫http://jsam.jp/