東京都中野区 東京メトロ丸の内線「新中野駅」徒歩6分。鍼灸・接骨・各種電気治療・交通事故・労災指定院

國安鍼灸整骨院

パーキンソン病

 

 もし、差支えがありましたらすぐにご連絡いただければ削除させて頂きますので宜しくお願い致します。      

                     國安鍼灸整骨院 院長  

國安鍼灸整骨院予約QRコード

 

しんきゅうコンパス予約

パーキンソン病 肝機能低下 71歳 男性 自営業

3年前からパーキンソン病を患い、手足も震え、歩行も段々と低下してきています。

薬は飲んでいますが、症状はよくありません。

 

知り合いから鍼灸がいいという話を聞いたので、パーキンソン病の治療ができる先生を探していたら、家の近くの新中野に國安先生が見つかり、鍼灸の治療に通ってみると、体調がよく、歩行距離も長くなってきて運動機能もよくなってきました。

 

自営業の和食料理店の仕事で、包丁や盛りつけをするのにもやりやすくなってきました。

鍼灸はパーキンソン病の症状にも効果はあります。そして、便秘や内蔵の機能もよくなり肝機能の値も良くなってきています。

できるだけ鍼灸は続けて行きたいたいと思っています

 

images

 

 

 

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

パーキンソン病 67歳 男性 自営業

2年前からパーキンソン病を患い、歩行能力の低下や仕事で日本料理屋での料理をする動作に違和感がでるようになってきました。

病院では薬を飲んでいますが、症状が悪くなることを医師に告げると薬の量が増えてきます。

徐々に歩行の時のバランスも悪くなってきたので、気持ち的にうつ症状が出てきて引きこもることが多くなってきました。

そんな時、妻が「鍼灸がいいわよ!行ってみたら!」と背中を押してくれたので、先日、お店に来られたお客さんが教えてくれた鍼灸院に行ってみました。

 

すぐに効果はないのは分かっていたので5~6回鍼灸治療を受けてみると、以前より治療院までの歩行時間が少し短くなって、途中、休んでいましたが、休まないで歩いて行けるようになり、20分かかっていたのが15分で行けるようになりました。

先生も褒めてくれて、一緒に喜んでくれました

これからも針は続けます。

 

images

download

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

 

パーキンソン病 72歳 女性 主婦

3年前からパーキンソン病を患い、薬でコントロールをしています。症状は少しずつ進行していて歩行時もバランスが悪く、長時間の歩行が辛くなってきています。

病院では薬が増える一方で、将来への不安が募る意ばかりです。

先日、インターネットでパーキンソン病のことを検索していると、京都の明治国際医療大学の先生がパーキンソン病の鍼治療をしているという事を知り、京都まで、旅行ついでに行ってみる事にしました

 

京都駅近くにある診療所に行き、生まれてはじめての鍼灸を受けました。

思っていたよりは痛くなく、気持ちがよい治療でした。今回は京都駅近くに泊まり、3回の鍼治療をうけることが出来ました。

その治療の度に、治療前と治療後に動画撮影をして見せてもらうと、治療後は足の運びやバランスがよくなっていたのがよくわかりました。

 

その先生に東京で治療をするために、比較的自宅に近い新中野で明治国際医療大学鍼灸学科の先輩の先生をご紹介して頂き、通院をすることになり、現在、2回鍼灸治療をして頂きました。

 

國安先生もとっても親切でいい先生なので、できる限り鍼灸に通いたいと思っています。

 

download

 

images

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

パーキンソン病 68歳 男性 自営業

半年前から体の動きが悪く、大学病院にかかっています。

精査をするとパーキンソン病という診断でした。

仕事の方も和食料理屋をしていて、体が不自由になると仕事にも差し支えます。

病院の方では薬を処され、症状が悪くなることを告げると、薬の量が増えるばかりで、これといって積極的な治療はないというのが、パーキンソン病の治療です。

 

お店のお客様や知り合いにもパーキンソン病の方が数人おられますが、やはり進行している方が多いようです。

その中で、少しずつ症状がよくなっている方がいらっしゃったので、どのような治療をされているのかということをお聞きしました。すると、その方は鍼灸治療をされているとのことでした。

その話を聞いいて、自分も鍼灸を受けて見たいと思って、その他がいらっしゃっている鍼灸院を紹介してもらいました。

その鍼灸院では全身に鍼灸治療をしてもらい、特に腰や肩のコリが酷いこともあってパーキンソン病以外にも治療をしてもらい気分がよくなりました。

 

パーキンソン病の症状は、自分ではあまり変化がないと思っていましたが、大学病院での定期的な診察では症状の改善があると明確なリハビリ結果がでていました。

確かに、今まで出来なかったことが急にできるわけではないので、歩行の速度やバランス力、持久力の向上が改善されているなど、日常生活での変化は出ているようです。

これからも鍼灸は続けたいと思っています。

 

imagesdownload

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

パーキンソン病 首凝り 67歳 女性 自営業

3年前にパーキンソン病と診断され、お薬を飲んでいます。

症状は徐々に進行して行っています。

病院でのリハビリは全くなく、月に一度の診察で処方箋を出して薬をもらうだけです。

他に何かできることはないかと思ってインターネットで検索をしてみると鍼灸がいいということが書いてありました。

 

京都にある明治交際医療大学鍼灸科ではパーキンソン病の鍼治療で症状が改善している内容を見にして鍼治療を受けて見たいと思いどこかにパーキンソン病の鍼治療をしてくれるところはないこと調べてみると、ひと駅先の新中野に明治国際医療大学鍼灸学科卒の先生の治療院をみつけました。

初めての鍼治療を受けてみると、気持ちがよく体がすっきりしました。なんとなくパーキンソン病がよくなる気がしました。

 

少し長い期間を覚悟して、鍼灸治療をしてみようと思っています。

 

images

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

足の魚の目 パーキンソン病 72歳 男性 無職 

足の魚の目が痛く歩くときも不安定で、その上、パーキンソン病という診断を受けて薬の投薬を受けています。

パーキンソン病は日常生活でも動きが不安定で、気分的にもうつ傾向になっています。

 

腰が痛く、近くの接骨院にかかっていましたが、魚の目がある限り腰痛は治りませんということを言われていましたが、今までにも5~6箇所の皮膚科に通院してみましたがどこの皮膚科でも治療は同じで、魚の目は何年もよくなりませんでした。

いつも行っている接骨院で「患者さんが魚の目をお灸で治ったと言っていたから試してみてはどうですか?」と言われたので、その鍼灸の先生を紹介してもらいました。

 

その鍼灸治療院ではパーキンソン病の治療と足の魚の目、8箇所のお灸をしてもらい同行していた妻にお灸の仕方を教えてもらい、週に2回の鍼灸治療と自宅でのお灸を毎日妻がしてくれました。

2か月ぐらい経つと、魚の目が見事によくなり、ほぼ魚の目の痛みは芯がとれて痛みが楽になりました。

パーキンソン病で数ヶ月ごとに病院で診察を受けていますが、パーキンソン病の症状がかなりよくなってきているのでびっくりして医師が「何かしていますか?」聞かれたので、妻が「鍼灸治療に通っていて、パーキンソン病の症状とあれだけあった魚の目が全て良くなりました!」と、主人が足の裏を見せると、医師がびっくりして「これお灸で治したの?」と関心していました

images

download

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

パーキンソン病 69歳 男性 自営業

3か月前から体を動かすことが不便になり、病院で検査をしてもらうとパーキンソン病の診断がつきました。L-ドーパの薬をだされ飲んでいます。

仕事で日本料理屋をしているので、体が思うように動きません。薬だけでは仕事にも影響されるので、何とかしたいと思っていたところ、お客様が「鍼がいいですよ!家の夫のパーキンソン病で、鍼をしてもらっていて動きがよくなっています!」ということを聞いたので、早速、その方が通われている鍼の先生を紹介して頂いて、鍼をお願いしました。

だいたい、週に一回の鍼治療を続けています。

すると、自宅から治療院まで歩いて20分かかっていたちころが15分で歩けるようになりました。

また、便秘がひどかったのですが、便通も以前よりはよくなっています。

時々、病院を受診しますが、運動能力がよくなっていると理学療法士さんに言われるようになりました。

鍼は体だけではなく、メンタル的にもケアーしてくれます。

これからも鍼は続けていこうと思っています。

images

 

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

パーキンソン病 62歳 男性 自営業

2年前にパーキンソン病と診断され、薬を服用しています。

歩行や日常の生活動作が少しずつ悪くなってきているので、医師に相談すると薬の処方を増やすと言われました。

 

自分としては体を動かしたり、歩行練習をしたり、何かしら薬以外の治療を希望していたのですがこれといってないようです。

そんな時、ネットで、パーキンソン病には鍼灸治療が効果的という報告を見たのでそれから鍼灸に興味が出てきました。

 

色々とネットで検索していると、鍼灸は脳を刺激したり、運動神経を刺激したりすることができるということだったので、慢性の腰痛や肩こりもあったので、鍼灸を受けたいと思ってきました。

初めて鍼灸を受けて腰の痛みと肩こりが良くなったので感動しました。それから1週間に一度の割合で鍼灸を続けていると、足の運びやバランス力がよくなってきたことを実感しました。

 

家族の皆も「前より体の動きがよくなってきている!」と喜んでくれています。

できるだけこれからも鍼灸で國安先生にお世話になろうと思っています。

download

 

download

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

パーキンソン病 うつ病 59歳 男性 会社員

8年前にパーキンソン病と診断され、病院で薬を飲んでいます。

日常生活では、体の動きが悪く、気持ちが落ち込みうつ状態です。症状は徐々に進行して不随運動が多く出てきています。

 

病院の医師にそのことを告げると、お薬を多く出させるだけなので躊躇していまいます。

そんな時にインターネットでパーキンソン病を検索して、他に治療法はないものだろうかと調べていると鍼灸治療を見つけました。

鍼灸といえば以前、10年ぐらい前にぎっくり腰でお世話になった中野の國安先生のことを思い出したので、連絡を入れてみました。

すると、國安先生はパーキンソン病の鍼治療の効果についてしっかり説明をしてくれたので、鍼灸治療を受けることにしました。

 

週に1度の鍼灸治療を受けていると、体の動きは良くなり、特にうつ病の症状が良くなってきました。

すぐにとは良くならないと思いますが、少しずつでも効果が出てきているようなので、これからも鍼灸治療を続けていこうと思っています。

download國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

 

パーキンソン病 歩行困難 64歳 男性 無職

半年前からデイサービスぴーなっつにお世話になっています。

パーキンソン病と診断されえて、4年経ちますが歩行の調子が悪く、薬が切れると調子がとても悪くなります。

デイサービスで、機能訓練後にパーキンソンの症状や体のバランスをとるために鍼灸治療をお願いしています。

治療期間は4ヶ月が経ちました。すると定期的な運動能力テストをすると以前よりバランス感覚がよくなり、歩行スピードも向上し、そして、歩幅の長さも大きくなりました。

何より嬉しいのは、鍼灸治療後は体が軽くなり、よく眠れることです。

このパーキンソン病は神経症状において障害が起こりますが、特に症状的に多いのは、バランス、歩行困難、前方突進や姿勢反射障害、方向転換時の転倒、歩行時の体のすくみなどですが、薬だけに頼らず、リハビリと鍼灸治療も併用したほうがより効果的です。

images

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

パーキンソン病 腰椎圧迫骨折 58歳 女性 無職

半年前にお尻から転倒して、腰椎の圧迫骨折になりコルセットを巻いて車椅子生活を余儀なくされています。

元々パーキンソン病を持っていて、お薬を服用しています。

現在は腰椎圧迫骨折をしてから筋力が低下して、移動の動作が厳しくなってきました。

デイサービスぴーなっつで運動を行っているので、利用日に腰とパーキンソン病の治療を鍼灸治療でしてもらうようになってから、腰の痛みと歩行のバランスが良くなってきました。

今までも鍼灸治療をぎっくり腰や肩こりでしていたので、鍼灸治療は好きです。

パーキンソン病の鍼灸治療が有効であるという論文を先生に見せてもらいました。

希望も湧いてきました。

まだ、年齢的にも諦めるわけにはいきません。できるだけ自立できるように頑張ろうと思っています。

images

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

パーキンソン病 52歳 女性 主婦

2年ぐらい前から運動がしづらく、体の震えなどの症状が気になり病院を受診し検査すると「パーキンソン病」と診断されました。

薬を出され、時々リハビリもしていますが、なかなかよくなりません。

他の病院の名医と言われる先生にも診ていただきましたが、はやりあまり変化はありません。

そして、症状は徐々に悪くなってきています。

日々に生活にも支障が出てき始め、介護保険の申請をして、機能訓練のデイサービスに行くようになりました。

 そのデイサービスには隣に鍼灸整骨院があり、そこの先生は「パーキンソン病の症状は鍼灸治療で良くなりますよ!」と、先生の鍼灸大学のパーキンソン病の専門の先生の鍼灸の治療結果の論文をみせてくれました。

それから週に一度、鍼灸治療をするようになりました。

すると4ヶ月ぐらい経つとなんと症状が少し良くなってきました。

これからも機能訓練と鍼灸治療は続けて行きたいと思っています。

images

 

 

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

 

 

パーキンソン病 70歳 男性 無職

7年前からパーキンソン病を患い、現在、薬で体調管理をしています。

現在は、日常生活動作が悪くなり、歩行も不安定です。

睡眠が悪い時には体調も悪く、夕方になると胃が締めつけられるようになって不快感があります。

病院でもパーキンソン病の権威と言われる医師に診察してもらっていますが、なかなか思うような効果がでなくて、精神的にうつになってきました。

家族の勧めで東洋医学の鍼灸を受け始めました。

鍼灸の治療後は体が柔らかくなり、気持ちも良くなって帰れます。

 

鍼の先生の母校でパーキンソン病に特化した鍼灸治療の論文を見せてもらい、日所生活が改善したいということだったので、本腰を入れて週に1度の鍼灸を受けてみました。

2ヶ月くらい鍼灸をお願いして、いつもの病院に行くと医師が「動きが良くなったね!何かしたの?」と聞かれたので「最近、鍼灸治療をしています!」というと、医師が「ほーこれならいいですね!鍼灸も続けて治療をして下さい!」と言われました。

家族にも「動きがよくなったね」と言われることが多くなったので、これからも鍼灸は続けていこうと思っています。

 

食欲も出てきましたし、眠りも深くなり、気持ちが少し前向きになってきたので、今では週に一度の鍼灸が楽しみになっています。

images

國安鍼灸整骨院

TEL:03-3383-7831

鍼灸治療

ファシアスリックテクニック(グラストンテクニック)

INDIBA(インディバ)

巻き爪補正