東京都中野区 東京メトロ丸の内線「新中野駅」徒歩6分。鍼灸・接骨・各種電気治療・交通事故・労災指定院

國安鍼灸整骨院

インディバ温熱療法(INDIBA)

インディバとは、電気メスの発明者であるスペインの物理学者ホセ・カルベット氏により開発された、電磁波エネルギーによる「高周波温熱機器」です。

 

 インディバの特徴は、身体の深部に容量の多いエネルギーを透過し、体表面の温度を上げることなく、照射時間が短くとも深部組織でジュール熱を発生させて、体内温度を上げることができる高周波治療機器です。

 

インディバの温熱の仕組み

「インディバ」の最も優れた特徴は「深部加温」にあります。また、0.448Mzの周波数は特許登録されており、その高周波を浸透させることによって体内にジュール熱(生体熱)が発生されます。そのジュール熱が血流や細胞間を介して全身に広がり、各組織に加熱された温度は34時間保たれ、身体の新陳代謝を促進します。

 

「インディバ」の「深部加温」の特色は、二つの異なる電極で体を挟み、2つの電極間で体内全域にジュール熱を細胞分子の移動で生じる摩擦熱を発生させることです。

 

インディバの電極自体が熱を発しているわけではなく、細胞の振動が熱元になっているのです。その結果として、一時的に体温では35度上昇し、血流の少ない部位では、7度まで上昇させることも可能です。

【ジュール熱とは】

細胞の分子の移動によって生じる摩擦熱です。組織の抵抗が高いところで特に熱を発します。したがって抵抗値の高い関節や、がん病巣を特に温められます。

 images

 

 

 

 

 

インディバ温熱治療の効果

このインディバは独自の0.448Mzと温熱作用を応用することで、疼痛の緩和や、内臓機能向上、など色々な効果が期待できます。

正常な成人の体温は36.5度ですが、1度下がると代謝が30%低下すると言われており、免疫力は2/3に下がり、基礎代謝は1割以上低下すると言われており、低体温体質は、女性器疾患、肥満症、がん体質や内臓機能低下をはじめ多くの病気の要因となえます。

病院やクリニックでは、特にがん細胞の緩和療法としても使用されています。

 

不妊治療

女性の”冷え”は妊娠にとっても、子宮内膜が薄くなり精子が着装しにくくなる原因の一つです。女性の妊娠環境をよくするためには、特に”冷え”を改善して婦人科系の血液循環をよくする必要があります。高周波治療器のインディバ施術よる温熱療法は妊娠率が高まる有効な治療方法です。

 

むくみ、皮下脂肪、内臓脂肪の除去

インディバの高周波を目標部位にあてて施術すると、アタッチメント(電極)をあてた部位の体温は35度ぐらい上昇し、組織細胞の活性化が起こり、脂肪かを燃焼される効果があります。

 

 

自然燃焼された脂肪は老廃物である便や尿、汗などと、一緒に体外へ排出されます。そのため、むくみや内臓脂肪の減少する作用もあります。

 

関節痛、神経痛に対しての作用

痛い関節部位にインディバの高周波エネルギーを体内に透過することで、関節にジュール熱が発生し温まります。そしてその結果、冷えで悪化する関節痛、神経痛などに、筋肉が弛緩し、血液循環が改善され疼痛が和らぎます。また、消炎、鎮痛作用があり、関節の疼痛を緩和する効果もあります。

 

免疫力を高める作用

病院やクリニックでは、ガンに対する治療と予防でインディバを使用している医療機関も増えてきています。

 

 

INDIBA  FASCIA(インディバ ファシア)の治療目的

・筋膜癒着の開放

・結合組織(コラーゲン線維)の同化再生

・結合組織と筋肉線維の弾性回復

・皮膚温、深部温の上昇

・筋の疲労の改善

・伸張反射・神経筋反射の向上

・関節可動域の増加

・施術部の血流増加による組織治癒の促進

・リンパの循環や血流の向上

・ヒスタミン反応の増加

・疼痛及び筋痙攣の緩和

 

INDIBA® FASCIAの効果的な症状

  • ・滑液包炎・関節包炎などの消炎作用
  • ・腱損傷たダメージの回復
  • ・筋拘縮や断裂回復
  • ・軟骨軟化症
  • ・筋膜炎
  • ・各関節捻挫
  • ・ハムストリング損傷
  • ・脱臼・骨折の早期回復
  • ・腰痛・頚痛(ヘルニア)
  • ・変形性関節症
  • ・外傷性障害(怪我)
  • ・関節炎
  • ・浮腫むくみ
  • ・円形、全頭性脱毛症など

(完全予約制)

images