東京都中野区 東京メトロ丸の内線「新中野駅」徒歩6分。鍼灸・接骨・各種電気治療・交通事故・労災指定院

國安鍼灸整骨院

女性の生理に伴う症状を緩和する鍼灸 - アメリカでのニュース

2018年04月17日 火曜日

2018.01.26 Endometriosis News(子宮内膜症ニュース)
鍼灸は、生理に伴うつらい症状を緩和するという記事が、女性の健康に関連したニュースを専門に配信するアメリカのサイト「子宮内膜症ニュース」に掲載されました。

 

アメリカ人女性の約1015%がimagesにかかっていると推定されているという方向があるそうです。

日本では、現在、日常生活に支障をきたすほどの生理痛のある人が30%以上とも言われます。

生理痛の一因となっているのが子宮内膜症です。

子宮内膜症は、まわりの臓器との癒着によって痛みを引き起こすこともあり、不妊のリスクを高めるだけでなく、がん化する危険性も指摘されています。

子宮内膜症は、女性の生活に与える影響がとても大きい病気です。

 

そのため、昨今、日本でもマスコミから早期受診を呼びかける活動が高まっています。アメリカでも専用サイトから情報提供が多岐に渡ってされています。

これまでさまざまな方法を試していろいろな失敗も経験してきた女性が、鍼灸治療に出会ってから変わったという内容のお話も投稿されていました。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

國安鍼灸整骨院
http://k-shinkyu.jp/
〒1640011
東京都中野区中央4丁目40-11
TEL:03-3383-7831
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アメリカのがんセンターで鍼灸治療が選択可能

2018年04月17日 火曜日

今回はアメリカのロズウェルパークがんセンターでは、がん患者の治療に鍼灸が含まれるのが当たり前になっていると地方紙のサイト(バッファローニュース)で紹介されています。

 

download患者は、抗がん剤治療などで副作用に苦しむだけでなく、精神的にも不安定になりがちになり、ガンが進行すると痛みのコントロールが必要になります。

そのため、がん患者の多くが補完的な療法やサプリメントを現在では使用しています。

そうしたことから、アメリカではがん患者には医療と補完的療法の統合戦略が必要ということになってきたそうです。

 

鍼灸、マッサージ、ヨガ、栄養相談など、病を治すことはできなくても、生活の質(QOL)を改善しうるものが、アメリカの各地のがん専門病院に取り入れられるようになりました。

 

ロズウェルパークがんセンターでは、2017年から小児がんの患者に導入しているそうです。

 

日本でも、大学病院で東洋医学の漢方や鍼灸をがんの痛みや予防で取り入れてきている施設も増えてきています。

もっと体に優しい東洋医学を取り入れ、がん患者さんのためにも東洋医学の鍼灸を取り入れて欲しいものです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
國安鍼灸整骨院
http://k-shinkyu.jp/
〒1640011
東京都中野区中央4丁目40-11
TEL:03-3383-7831
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

鍼治療ががんの治療薬(アロマターゼ阻害薬)に伴う関節痛を軽減ーアメリカー

2018年03月12日 月曜日

アロマターゼ阻害薬の投与を受けた早期乳がんを発症した閉経後女性患者の関節痛が、偽鍼治療を受けたか鍼治療を受けなかった患者と比べ、鍼治療を受けた患者では顕著に軽減したことが、昨年、開催された2017年サンアントニオ乳がんシンポジウムで発表されたランダム化試験からのデータにより明らかとなりました。

 

「第3相ランダム化試験データから、医療従事者はアロマターゼ阻害薬に伴う関節痛やこわばりを患う患者と鍼治療の可能性に考えるべきです。なぜなら、鍼治療は患者の生活の質を改善する可能性があるからです」とHershman医師は続けた。

「鍼治療がアロマターゼ阻害薬療法の消耗性の副作用を軽減することで、治療のアドヒアランスや転帰が改善することを期待しています。しかし、これが実際の症例で有効であるか確定するためにさらなる試験を実施する必要があります。」

 

Hershman医師は、鍼治療は、特定の位置(ツボ)に使い捨ての細い滅菌針を使用する、中国の伝統的治療法である。多数の小規模な単施設試験は、鍼治療がアロマターゼ阻害薬に関連する関節痛やこわばりを軽減する代替的アプローチを提供する可能性をすでに示している。

images

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
國安鍼灸整骨院
http://k-shinkyu.jp/
〒1640011
東京都中野区中央4丁目40-11
TEL:03-3383-7831
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

乳がん治療薬の副作用には鍼灸治療がおすすめ – アメリカ発

2018年02月17日 土曜日

乳がん治療薬で引き起こされる副作用には鍼灸がおすすめという記事がアメリカのニュース雑誌「TIME」の公式サイトに掲載されています。

乳がんの治療と再発予防では、アロマターゼ阻害剤という薬がよく使われます。

 

アメリカでも毎年、数万人の乳がん患者がその処方を受けるようになっているそうです。

ただし、この薬を使うとおよそ半数は手足や腰の関節に硬直や痛みなどの副作用が現れるそうです。

 

歩いたり座ったりする動作もできないほど重症になる人もいるそうなので深刻な問題となっているそうです。

 

しかも最長10年という長期の服用が推奨されますが、実際のところは、副作用がひどいために多くの人が途中で服用を中止しているそうです。

 

がんが再発するかもしれないのに、継続できないほど副作用がつらいということだと言うことも考えられます。


コロンビア大学医学部教授のドーン・ハーシュマン博士らは、早期乳がん患者226人を集めて、鍼灸治療、偽治療、何もしないという3つのグループに分けた臨床試験を行いました。

 

試験結果を発表する前に博士らは、鍼灸治療をした場合は、しない場合より明らかに痛みが緩和された、と発表しました。

現在、アメリとでは、がんの予防、治療の補助として鍼灸治療がよく用いられています。

images

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
國安鍼灸整骨院
http://k-shinkyu.jp/
〒1640011
東京都中野区中央4丁目40-11
TEL:03-3383-7831
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お灸は素晴らしい!

2018年01月15日 月曜日

平成30年1月14日(日)明治国際医療大学の同窓会であるたには会関東支部の研究会が開催されました。

今回は、お灸の臨床における大家である越石まつ江先生の練馬の治療院にお邪魔させて頂き、講演と実技の指導をして頂きました。

 

越石先生は、臨床歴35年を有する方で、ご本人が大病を患ったことがきっかけで、多くの病院での治療から様々治療を試した後にお急に出会いお灸の素晴らしさに魅了されということから現在はお灸だけで8~9割の病を治していらっしゃる方です。

お灸の治療では、難病である疾患、アトピー性皮膚炎、がん治療などの様々な疾患への適応症があり、それらの病気の改善にお灸は効果を上げています。

 IMG_8442

講演と実技を合わせると3時間ぐらいでしたがあっと言う間の時間でした。しっかりとお灸の良さや素晴らしさを実感することができました。

 IMG_8435

 

お灸というと「熱い!」というイメージがありますが、この越石式灸法は、気持ちがよく身体が真から温まる治療でした。

 

今回の研究会を通して多くのことを学ぶことができましたので、今後、お灸の練習をして、越石先生が皆様に伝えたかったお灸の良さを広めていける手助けができればいいなと感じると共に本当のお灸の素晴しさを再認識致しました。

IMG_8423

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
國安鍼灸整骨院
http://k-shinkyu.jp/
〒1640011
東京都中野区中央4丁目40-11
TEL:03-3383-7831
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

鍼灸や漢方などの伝統医学をWHO(世界保健機構)が認定へ – 産経新聞

2018年01月11日 木曜日

2018.1.9 産経新聞(Web)
「漢方薬や鍼灸など『伝統医療』WHOが認定へ 日本の漢方、地位向上へ」と題する記事が産経新聞の公式サイトに掲載されています。

漢方薬や鍼灸など、日本や中国の伝統医療が、2018年春に開催される世界保健機関(WHO)の総会で認定される予定とのことです。

 

images[1]国際基準の「国際疾病分類」に、東洋医学の章が追加されることになります。

アジアを中心に広く親しまれている鍼灸や漢方には統計データが少なく、一方で世界保険機構(WHO)では西洋医学の統計データがメインであり西洋医学で偏っているので、その格差を埋めることが目的だそうです。

鍼灸治療や漢方薬は中国から伝わったものですが、鍼灸も漢方も日本では独自の発展・進化を遂げてきました。

 

日本の伝統医療が改めて、世界的に評価されることになりそうな内容が産経新聞の記事の一部に記載されてその引用をさせて頂きます。

日本が誇る鍼灸治療は伝統医学であり、東洋医学の治療法の一つです

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
國安鍼灸整骨院
http://k-shinkyu.jp/
〒1640011
東京都中野区中央4丁目40-11
TEL:03-3383-7831
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

整体でお体のサポートをする新中野の國安鍼灸整骨院のスタッフがブログを配信しております

新中野で人気の國安鍼灸整骨院のスタッフブログでは、日々の診療の様子や患者様とのエピソードをはじめ、スタッフ個人の日常の模様をご紹介しております。当院が初めての方も安心してお越しいただけるよう、スタッフの素顔に接することができるブログとなっておりますので、ぜひご確認ください。
当院には接骨や整体を得意とする柔道整復師や、心身のバランス改善にお役立ていただける鍼灸治療のエキスパートである鍼灸師など国家資格を持つ信頼のスタッフが揃っております。
お一人お一人のお悩みや症状に親身に向き合い、最適な治療のご提案と丁寧で安心の施術をご提供いたしておりますので、新中野で信頼と実績ある当院へ初めての方もお気軽にお越しください。

カテゴリー