東京都中野区 東京メトロ丸の内線「新中野駅」徒歩6分。鍼灸・接骨・各種電気治療・交通事故・労災指定院

國安鍼灸整骨院

がんの治療に伴う関節痛に鍼灸 - イギリス(AcuPOP)より

2018年09月11日 火曜日

乳がん患者に使用するアロマターゼ阻害剤の副作用は鍼灸で軽減という記事が、イギリスの医療系情報サイトに掲載されました。(Medical News Today メディカル・ニュース・トゥデイ)

乳がんの治療で広く使用されているアロマターゼ阻害剤は、効果はあるものの、関節の痛みや硬直などの副作用を引き起こす可能性があるといわれています。

この薬を使った人の約半数に重い関節痛が現れるそうで、その症状のためにがんの治療そのものをやめてしまう人も少なくないそうです。

 

この副作用を抑えることができれば、治療を継続できる患者が増えて、生存率も改善されることになるという。

 

現在、アメリカでは、臨床試験を実施した研究者たちの尽力によって、がんセンターへの鍼灸導入に舵が切られました。

その結果、アメリカのがん患者は、がんセンターの中でも鍼灸治療が受けられるようになったようです。

 

images

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
國安鍼灸整骨院
http://k-shinkyu.jp/
〒1640011
東京都中野区中央4丁目40-11
TEL:03-3383-7831
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

カテゴリー